1. >
  2. 犬を飼っていましたが悲しい経験しかありません

犬を飼っていましたが悲しい経験しかありません

私が子供の時犬を飼っていました。学校から帰った後など毎日のように散歩をしていたのですが、飼っていた犬が散歩中に突然歩けなくなり犬を抱えて自宅へ連れて帰った思い出があります。考えて見れば歩けなくなる数日前からなんか元気がないなあとは感じておりましたがまだ5歳なので寿命というわけではありません。結局歩けなくなってから次の日には亡くなりました。あまりにも突然の事で悲しみそれ以来ペットを買うことはないです。

人も動物も愛で変われる

私の知人が保健所からミックスの中型犬を家族に迎え入れたそうです。

人に悪さをされていたのか、他の動物となにかあったのか、とても色んな物に怯えていました。

外に出るのも難しく、様子を動画で見せてもらいましたが小さくすみにうずくまり震えるばかりで動きません。

数分の外出が出きるようになったのはそれから半年くらいたってからでした。

私が直接会えたのは一年以上たってからです。

動画で見た様な怯え方はしなくなっていました。

まだ初めての私には不安を隠しきれていませんでしたが、ここまで人に慣れる為に友人はどれだけの愛情を与えたのだろうと愛犬に対する愛情を感じました。

大好きな愛犬。

私は昨年、愛犬を亡くしました。

黒い毛のミニチュアダックスフンドで、家族皆本当に大切に飼育していました。

その日はカットの日で朝一番で愛犬をペットボックスに預けたのです。

一日が終わり、仕事後に愛犬を迎えにいくと重苦しい空気に心臓がドキッとしました。

いつもなら、すぐに私の元にペットを連れてきてくれるのですが、その日は別室に通され[実は午前中に心臓発作でなくなりました。]と言われ、全く受け入れられませんでした。

いまだに原因は分かりません。

あの日愛犬を連れていかなければ、と悔やんでも悔やみきれません。

今もまだ忘れられない愛犬は、私の心の中で変わらず元気に走り回っています。