1. >
  2. 猫が苦手な人も猫派になれる

猫が苦手な人も猫派になれる

犬派か猫派か問われた際に、犬派と答える人が大多数でしたが、最近では猫派の人が増えてきています。

私にはトリマーで犬派の姉がいるのですが、私は昔から断然猫派です。

我が家では、多い時には犬4匹に猫5匹と暮らしていました。

猫と言えば、甘えたい時に甘えそっとしておいてほしい時には誰も寄せ付けない、自由気ままな生き物のイメージですよね。

しかし、我が家の猫たちはみんな人懐こく甘えん坊です。

子猫のうちから生活を共にし、完全室内飼いすれば、大抵の猫がそんな性格に育つと思います。

手から直接ごはんやおやつを食べてくれると、とても嬉しいです。

いつでも膝の上で丸くなり、撫でてほしい時には頭や体を擦り付ける姿は愛おしくてたまりません。

猫が苦手な人には、是非、人懐こく甘えん坊な猫と触れ合ってみてもらいたいです。

きっと猫派になる筈です。

先住猫がいる場合の猫ちゃんの選び方

我が家にはマンチカンの猫ちゃんがいるのですが、ある日、家族の中でお友達がもう一匹いたらいいんじゃないかという話になりました。

ペットショップで購入することにこだわりをもっていた訳ではないのですが、猫種によって性格があると聞いたことがあったので、マンチカンの性格に合う猫ちゃんはどんな子かな?という相談が目的でペットショップへ行くことに。

そこで聞いた店員さんの話では、同じマンチカンの子やスコティッシュショートヘアーなど比較的おだやかな性格をしている猫ちゃんが合っていると説明を受け、その後里親募集サイトで穏やかな性格の猫ちゃんを見つけ、里親の方とお話しして実際に会わせてみました。

すると店員さんが言っていた通りすぐに仲良くなり、里親の方も喜んでくださり我が家へ迎え入れることに。

猫ちゃん2匹は今でも仲良く過ごしています。

幼犬時のしつけは大事。

幼犬は、しつけが大事です。今までの経験上、小さい時にきちんとしつけられた犬と甘やかさせた犬をみると、甘やかされて育った犬は大人になって本当に苦労している姿を良く見かけます。専門家ではないので、経験談ですが、甘噛み厳禁です。甘噛みを最初は可愛いと思って放置している飼い主さんは、必ずといっていいほど、犬に噛まれて病院に行くことになっています。とにかく小さい時に飼い主の言うことには絶対服従が大事です。おやつのあげすぎも厳禁です。味を覚えなければ犬はわからないのです。覚えるから欲しがります。犬は可愛いですが、しつけはきちんとして、楽しく共存できる事が大事だと思います。